トップページへ 主な治療方法自律神経失調症を漢方薬で改善

自律神経失調症を漢方薬で改善

伝統的な中国医学の一種が漢方薬です。漢方薬は日本でも独自に発展しており、医薬品は漢方医学の理論においてきちんと処方されています。

漢方薬とは

伝統的な中国医学の一種が漢方薬です。漢方薬は日本でも独自に発展しており、医薬品は漢方医学の理論においてきちんと処方されています。複数の生薬の組み合わせから、薬理作用を倍増させたり減衰させることは古代中国においてはすでに発見されていました。生薬の組み合わせに先人は漢方薬と命名しました。葛根湯などが代表的です。この知見は後世に伝わり今に至ります。漢方薬は必ずしも生薬というわけではありません。そのような解釈は誤解です。漢方薬ではない生薬は少なくありません。また、症状の詳細や体質を考えず、適当な植物を飲んでも無意味です。

医療における漢方薬

漢方薬に多い誤解が、他の漢方薬や西洋の薬品といっしょに飲んでも問題ないという点です。漢方薬は他の薬品に影響します。かえって悪い効果をもたらしてしまいます。特に、同じ効果の薬は厳禁です。漢方方剤のほとんどに含まれる甘草という薬があります。この甘草が重複すると、偽アルドステロン症になってしまいます。特定の食べ物との食べ合わせも注意が必要です。こういった注意事項が知られにくいのは日本国内で販売される漢方薬に記載がないことが多いためです。ただ、毒性があるということは裏を返せば正しく使うと効能が得られる証左でもあります。

自律神経失調症への効果

漢方では自律神経失調症をただの自律神経のトラブルとは考えません。重視するのはそれぞれの症状における気のめぐりです。気が悪くなるのか、血や水が体にうっ滞しているのかを考えます。これは薬を選ぶ上で重要なことです。漢方薬学に虚証という、体力がなくて痩せている体質があります。病気への抵抗力が弱い人であり、自律神経失調症の人は虚証の人が多いと考えられています。効果があるとされているのが柴胡加竜骨牡蠣湯や女神散です。症状によって専門化が使い分けます。漢方療法では、たとえ症状が同じでも患者の証に差異があれば薬を変えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。