トップページへ 主な治療方法鍼灸によるによる自律神経失調症の改善

鍼灸によるによる自律神経失調症の改善

鍼や灸による刺激を身体に与え、さまざまな疾病への治療を試みたり健康の増進をさせる医療技術が鍼灸です。資格が必要で、日本では医師とはり師、きゆう師が行えます。

鍼灸とは

鍼や灸による刺激を身体に与え、さまざまな疾病への治療を試みたり健康の増進をさせる医療技術が鍼灸です。資格が必要で、日本では医師とはり師、きゆう師が行えます。発祥は中国とされ、B.C.5世紀からA.D.3世紀にかけて生まれているとされています。身体へさまざまな物理の刺激をくわえたことで起こる反応を治療のうえで経験則として数世紀にわたって集め、積みあげたのが鍼灸です。構築した技術論を鍼灸と定義しています。生薬方とセットで、東アジア諸国で発展しました。また、17から19世紀にかけては日本で独自の方向に発展しています。

何をする?

日本で現在行なわれている鍼灸は日本で技法を独自に発展させた時代の施術が基本となっています。日本での独自の発明として、鍼管を使ってより細い鍼を扱えるようになりました。つまり非常に微妙な刺激を与えられるようになったのです。これによって技法は日本で改めて再構築されました。また、江戸期になるとおもに盲人がこの仕事を担うことが多くなりました。もとは見て刺す技術だった鍼灸は、触って刺す技術になり、より確実なものとなったのです。鋭敏な技術と体表面変化を捉える触角で再編成したのが日本独自の鍼灸というわけなのです。

効果

マッサージや指圧のように鍼灸もまた自律神経失調症に効果があるとされています。自律神経は、脳や中枢の命令を体に伝える神経です。ここのトラブルがあると身体が正常にはたらかなくなります。自然と動いていた心臓が自律神経による脳や中枢の指令が伝わらなくなることで異常をきたしたりするのです。そのような患者の症状にあわせ、適した部位に刺激を与えると自律神経失調症の症状は緩和されます。一見すこし怖いように思える鍼灸ですが、じつは深いリラックス効果がありドキドキしたり、カッとなる症状を緩和してくれるのです。鍼灸で特に効果があるのは、脳を混乱さやすい耳だと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。