トップページへ 主な治療方法マッサージによる自律神経失調症の改善

マッサージによる自律神経失調症の改善

手技療法のひとつであり、直接皮膚を触る施術により静脈の循環やリンパ循環にはたらきがけるのがマッサージはです。もとはフランスで生まれた手技療法をマッサージと呼んでいます。

マッサージとは

手技療法のひとつであり、直接皮膚を触る施術により静脈の循環やリンパ循環にはたらきがけるのがマッサージはです。もとはフランスで生まれた手技療法をマッサージと呼んでいますがこのような手技療法は多く、同じ効果があるタイ式、朝鮮式マッサージも現在はマッサージと呼んでいます。静脈やリンパ循環にはたらきがけるのがマッサージです。スポーツや運動をするときにはその前後に、筋肉の緊張をほぐすためマッサージをします。マッサージで適度な刺激を与えると、緊張は緩和されます。これは筋肉の痛みを和らげ、排便にも効果があります。

何をする?

マッサージには資格が必要です。職業にできるのは、医師とあん摩マッサージ指圧師資格を持っている人のみなのです。これはマッサージの名称に関わりません。日本ではマッサージ以前に古くから按摩を行なっています。現在では運動時にリラックス状態を得る目的でにマッサージが行なわれています。このようなスポーツマッサージはスポーツ選手や愛好家が頻繁に用いますが独自の方法があるわけではありません。また、マッサージチェアや自動マッサージ機も普及し、活用されています。これは器具に内蔵された突起によって、マッサージの動きをするというものです。

効果

自律神経失調症は交感神経が活発になりやすくなります。常に筋肉が緊張し、体が疲労します。さらに筋肉が凝ってしまうのです。自律神経失調症の症状が悪化してし行く前にマッサージを行ないます。マッサージによって筋肉のコリを解すと緊張が緩和されます。結果、症状が改善されます。自律神経失調症に有効で、リラックス効果があるのは首の後ろにあるツボです。このツボは2つあり、天柱と風池という名前です。また、自分でマッサージしやすいのは手首にあるツボです。こちらも自律神経失調症に効果があり、緊張をほぐしてくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。