トップページへ 主な治療方法指圧による自律神経失調症の改善

指圧による自律神経失調症の改善

指圧とは、日本独特の民間療法であり、手技による療法です。素手で母指や手掌等を用いて指圧法を行います。健康の維持や増進に役立ち、特定の病気の治癒に効果があると考えられています。

指圧とは

指圧とは、日本独特の民間療法であり、手技による療法です。素手で母指や手掌等を用いて指圧法を行います。健康の維持や増進に役立ち、特定の病気の治癒に効果があると考えられています。施術は体表の一定の部分を押圧して行ないます。これによって生体の変調を矯正できます。このとき病気の予防や治療のため、押圧される指圧点がツボです。ツボの圧反射は体の機能に作用します。そうして本来人体に備わる治癒力を自然に促すわけなのです。ただ、ツボの指圧が治療に有効だという科学的根拠はなく、欧米では指圧は代替医療と考えられています。

何をする?

手当てという言葉は指圧の原点です。有史以来、日本では、さまざまな手技療法が行なわれてきました。いわゆる足つぼマッサージなどは名前こそマッサージですが、技術は指圧のものです。ただ、一般に理解しやすいものとしてマッサージという言葉がよく使われる場面があります。中国式、台湾式の足つぼなどがそうです。また、英国のリフレクソロジーなども同様です。指圧による刺激の効用として、皮膚の機能が活発になります。筋肉の組織が柔軟になり、リラックス状態になります。すると体液の循環も促されるというわけなのです。また、内分泌機能が向上したり、消化器系が強くなる効果もあります。

効果

交感神経と副交感神経の二つからなる自律神経を整え、互いのバランスをとるツボも存在します。おもに内臓の全体にあるツボで、幅広い効能があります。分泌や循環など、発汗や呼吸が改善、向上します。場所としては左右の前頚部4点が代表的で、自分でも刺激しやすいツボです。片手で前頚部首の前のドキドキと脈打つ部位を母指圧すると神経の働きがよくなります。結果、内臓機能が向上するのです。自律神経の失調は首が硬い人や、首がこっている人に起こりやすいといわれています。首を重点的にほぐすことでホルモンバランスも調節できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。