自律訓練法

自律訓練法ドイツの精神科医シュルツによって1932年、始められた自己催眠法が自律訓練法です。自律訓練法にはストレスの緩和に効果があり、心身症や神経症などの対策にもされています。

自律訓練法とは

ドイツの精神科医シュルツによって1932年、始められた自己催眠法が自律訓練法です。自律訓練法にはストレスの緩和に効果があり、心身症や神経症などの対策にもされています。もとはドイツの大脳生理学者フォクトが提唱した臨床的催眠研究がきっかけです。シュルツによる理論のもとは1926年に発表されています。 その後再体系化をして、1932年に自律訓練法として発表しました。以来、1932年が自律訓練法の創始の年です。日本には1950年代、自律訓練法初めて紹介されました。自律訓練法は消去動作が必要なので必ず専門家が行ないます。

何をする?

メジャーな自律訓練法は、基礎公式(訓練のこと)で定められています。第1公式から第6公式という、7つの公式から構成されている訓練方法を順に行ないます。いずれも差異はあるものの、心の中で繰り返し唱えるという方法は変わりません。順番に唱えることで自己催眠状態をかけていくわけなのです。自律訓練法には特有の変化や意識の状態があります。めまいや脱力感が生じます。訓練後は消去動作が必要です。この消去の運動によって、生理的変化や意識の異常が消されていきます。また、目的によって公式を省いて別のものにすることもあります。

効果

自律訓練法は症状の変化が怒ることも多く、専門家の指導が必要です。上手くいけば自律訓練法によって疲労回復させたりストレス緩和の効果が得られます。また、仕事や勉強の能率が向上することもあります。抑鬱や不安が軽くなるわけです。心身症や神経症などの精神科でも用いられ、心療内科で対応している病気にも効果があります。これは感覚だけではありません。実際に手足の温度があがり、心拍数が減るなどリラックス状態になる身体の変化が起きるのです。自律訓練法の消去動作を怠ると不快になったり脱力することがありますので、注意すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。