認知療法

認知療法は、過去にさまざまな学者が始めたいくつかの心理療法の総称でとされています。たとえば、アーロン・ベックは認知行動療法を、アルバート・エリスは論理療法を、ドナルド・マイケンバウムは自己教示訓練を提唱しています。

認知療法とは

認知療法は、過去にさまざまな学者が始めたいくつかの心理療法の総称でとされています。たとえば、アーロン・ベックは認知行動療法を、アルバート・エリスは論理療法を、ドナルド・マイケンバウムは自己教示訓練を提唱しています。これらは、それぞれ独立に提唱されたものです。これらには、共通点があります。ある出来事をどうやって認知しているかで身体の反応や行動が異なるという考え方が共通しています。これは外からの刺激や感情が体の反応を引き起こすという考え方と逆です。認知療法では精神の疾患や心理療法の認知を重視します。

何をする?

ある認知の歪みへの反証や、多面的な解釈をする補助をするのが認知療法です。自分の認知の修正によって体の反応が軽くなったり、苦痛を減らす変化をしたりできます。つまり、認知によって建設的に行動が可能になるというわけなのです。クライエントの認知に影響を与えるため、多くの方法が認知療法にはあります。基本的には思考の記録です。ネガティブな思考の証拠を探していきます。そこから認知の見直しが可能になるのです。漠然としていた症状を、苦痛の程度のスケールで表現することもできます。そこから認知のリハーサルや自己教示法などの対策を行なうのです。

効果

認知療法での認知とは言語化されている考えのことです。人間は、世界そのものを観ていません。あくまで世界の一部を抽出したものの解釈であり、それを帰属させているに過ぎません。それが認知です。だからこそ認知に個人差が生まれています。主観が入り、世界とは異なります。人によってはネガティブ認知をしてしまうことがあります。その結果、不快になってしまうのです。認知療法では考え方や認知に焦点を当てています。不快さや適切でない行動はあくまでその背景です。ネガティブな認知を具体的に把握し、ゆがみの修正を試みるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。