交流分析

交流分析は自分自身や、人間関係で何が起きているのか把握するのに役立っています。  交流分析を通じて対人能力をつけ、仕事や恋愛、そして友人との関わりといった場面に幅広く役立っています。

交流分析とは

アメリカの精神科医であるエリック・バーンが交流分析という理論体系を考案しました。交流分析は心理療法のひとつであり、1950年以来。発達してきたものです。私達は人間関係においていろいろなトラブルを抱えているものです。交流分析では、このような悩みについて考えます。心を理解し、人間関係の改善を目的としているわけなのです。このように交流分析は自分自身や、人間関係で何が起きているのか把握するのに役立っています。  交流分析を通じて対人能力をつけ、仕事や恋愛、そして友人との関わりといった場面に幅広く役立っています。心の問題を考えるうえで交流分析は役立ち、人間関係にもとても役に立っている理論なのです。

何をする?

一般に反生産とされている社会での交流をゲームという概念で表したのがエリック・バーンです。コミュニケーションの流れ、もっと詳しく言えば言葉だけでない心理的コミュニケーションのそれが交流です。交流は、明確な接し方と心理の接し方のその両方に同じように生まれるものとされています。一見思いやりの言葉であっても、意図は皮肉である、といったようにです。表面の交流と非言語の交流、二つの読み取りが必要なのが本当のコミュニケーションというわけなのです。ストロークとは、交流において人が他の人に与えるものすべてです。認識や注意といった反応すべてであるため肯定も否定も含みます。

効果

交流分析が必要な人は、周りの目を気にしすぎます。人に流されやすいため、自分の考えを伝えることが出来ません。嫌われることを恐れているわけなのです。一方で、同じくらい他の人の言動を気にしているため、細かいことでイライラしています。おせっかいになりすぎることもあります。また、理論的思考が苦手なので計画を立てられない傾向が強いと言われています。このような人が人間関係に失敗すると、より気疲れしてしまいます。そのまま孤独に陥ることもあります。このように交流分析によって対人能力を身に浸ける必要があるというわけなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。