トップページへ 主な治療方法心理療法とは

心理療法とは

手段に関係なく、対話や訓練を行なうことで患者の認知や情緒の状態、そして行動に変化を期待するのが心理療法です。心理療法によって、精神に健康を保持したり回復させようとする体系なのです。

心理療法とは

手段に関係なく、対話や訓練を行なうことで患者の認知や情緒の状態、そして行動に変化を期待するのが心理療法です。心理療法によって、精神に健康を保持したり回復させようとする体系なのです。理論と技法が必要であり、精神療法やなどとも呼ばれます。心理セラピーやサイコセラピーというのも心理療法のことです。心理療法は専門家によって行なわれます。心理療法士や心理療法家というのがそれにあわtるわけなのです。また、心理セラピストやサイコセラピストも該当します。名称は幅広く、学派の違いによっては精神分析家という名前や行動療法家という名前で呼ぶこともあります。

何をする?

心理療法を受けている患者のことを、専門用語でをクライエントや来談者と呼んでいます。主に対話を重視するのが、心理療法です。患者の認知や情緒といった感情、そして行動の変化日常生活にはたらきかけます。適応するための変化が狙いというわけなのです。精神疾患や心身症の患者が多いですが、他にも精神や心理に問題を抱え、不適応な状態に陥る人も対称です。精神に問題を抱えているのであれば、身体の病気やけがに起因したものも治療の対象です。そのようなさまざまな困難を持つ人たちを治療します。このように心や精神の問題を解消していくのが心理療法で、対症療法とは異なります。

効果

社会における責任を持つ、いわゆる高度専門職業人が心理療法の専門家です。つまり専門家としての医学や臨床心理学においての専門の知識や、能力だけでなく、人間としての資質が問われます。つまり、倫理観が大きく関係してくるのです。心理療法は患者の身体や日常生活だけではなく生命や人生といった重大な根幹に関わっているためです。臨床現場の専門業務であり、心理療法を行う精神科医や臨床心理士には慎重さが求められます。また重いうつ病であれば心理療法のみでは対抗できません。また、うつ病患者が高齢者であれば、再発を防止するため薬を使うことも有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。