トップページへ 主な治療方法抗不安薬の特徴・副作用など

抗不安薬の特徴・副作用など

不安や不安に関連している心理や身体の症状の治療するために使うのが抗不安薬(Anxiolytic)です。このように主に不安障害に用いられているのが抗不安薬なのです。

抗不安薬とは

不安や不安に関連している心理や身体の症状の治療するために使うのが抗不安薬(Anxiolytic)です。このように主に不安障害に用いられているのが抗不安薬なのです。マイナートランキライザーという別名もあります。抗不安薬にはベンゾジアゼピン系のものもあります。これをトランキライザーと呼ぶこともあります。これはかつて依存性が問題視されたときに抗うつ薬が流通したことで抗不安薬の名前が使われるようになった経緯があります。つまり抗精神病薬のことをメジャートランキライザーと呼ぶことの対比として用いられているのです。

議論

抗不安薬にも議論は多いものです。不安障害への抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)の投与は特に議論の対象です。現在では長期にわたって使用しても抗不安薬はあまり有効ではないという意見が強く、あまり推奨されません。長期的に使用出来るのは抗うつ薬とされています。また、自殺の危険がアップするというのもベンゾジアゼピン系の特徴とされています。ただ、急に断薬をすることで強い離脱症状を起こすことがあるのがベンゾジアゼピン系の薬や抗うつ薬のデフォルメとされています。ガイドラインでは、患者に自傷や情緒の不安定が見られる場合は薬物による治療は推奨されないとされています。

効果

効き目によってに大別される抗不安薬は多くの種類があり、強いものはかなり強力な効果があります。一般的に、身体における症状が多い自律神経失調症の患者には、効き目が強くない薬を使います。強くても中程度に留めます。精神の症状が強く神経症などが見られる患者には、強い薬を処方してきます。体が薬に慣れないうちは眠くなったりふらついたりします。このような気だるさを伴う副作用ですが、大抵は1週間ほどで、不安な気持ちやいらつきがなくなってきます。副作用が気になるようであれば、事前に医師とよく相談することが必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。