トップページへ 主な治療方法自律神経抹消作用薬の種類(βブロッカー・副交感神経遮断薬・交感神経興奮薬)や特徴・副作用

自律神経抹消作用薬の種類(βブロッカー・副交感神経遮断薬・交感神経興奮薬)や特徴・副作用

自律神経末梢作用薬という薬があります。名前のとおり、自律神経の異常に対して用いられる薬です。自律神経の末端に直接作用する性質があるので、このような名称となっています。

自律神経抹消作用薬とは

自律神経末梢作用薬という薬があります。名前のとおり、自律神経の異常に対して用いられる薬です。自律神経の末端に直接作用する性質があるので、このような名称となっています。交感神経と副交感神経のバランスを整えます。自律神経抹消作用薬には主に3種類あります。患者にあらわれる身体症状を見て、どの薬を使うか決めていきます。その一つがβブロッカーです。ベータ・アドレナリン受容体遮断薬という正式名称で一般にはプロプラノロール塩酸塩などという名前で流通しています。循環器の異常、動悸や不整脈、そして高血圧などの症状に用いられます。

交感神経興奮薬

自律神経抹消作用薬の3種類の薬のうち、2種類目が交感神経興奮薬です。リズミックという名前で、一般にはメチル硫酸アメジ二ウムとして流通している自律神経抹消作用薬です。この薬は本態性の低血圧や、いわゆる起立性低血圧に持使います。つまりめまいや立ちくらみなどを起こす患者に有効です。交感神経を刺激する薬で、心臓が収縮するたびに一度に送る血の量を増やせます。要するに、これは血圧を上昇させる薬なのです。まれに食欲不振を起こしたり、動悸が激しくなるなどの副作用があります。症候性の低血圧症などにも効き目がある薬です。

副交感神経遮断薬と交感神経興奮薬

ブスコパン、一般名は臭化プチルスコポラミンというのが副交感神経遮断薬です。特徴としては副交感神経の興奮をおさえる役目があります。胃腸の緊張なども緩和できるので腹痛や下痢にも効き目があります。他にも吐き気などにも使われ、頭痛や低血圧などの症状にも役に立ちます。立ちくらみにも使えますが、まれにリラックス状態が過多になり眠くなったりふらつくことなどもあります。目の調節障害を起こすこともあるので車の運転前は使えません。血管の末端をリラックスさせて、血圧を下げて、興奮状態を緩和するような働きをする薬です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。