トップページへ 自律神経失調症の症状自律神経失調症の主な全身症状(疲労感・倦怠感・めまい・立ちくらみ・など)

自律神経失調症の主な全身症状(疲労感・倦怠感・めまい・立ちくらみ・など)

さまざまな症状があらわれるのが自律神経失調症の特徴です。疲労感や倦怠感などの全身症状は代表的な自律神経失調症の疾患といえるでしょう。

全身症状

自律神経失調症は現状、医学的にみても曖昧な立ち位置の病気です。多種多様な不定愁訴を患者は訴えますが、症状が主観的で診断をしても原因を見つけることが難しいのです。つまりはっきりとした診断の基準がまだ確立されておらず、医師によって診断はまちまちなのです。そのような自律神経失調症の症状の中でも代表的なのが全身症状です。疲労感や倦怠感、めまい、そして立ちくらみなど、患者はさまざまな不調を感じます。これらの症状はいつの間にか消え、また別の不調が別の場所に起こることも多いというわけです。それぞれの症状を見てみましょう。

疲労感・倦怠感

環境が変わってからなんだか最近疲れやすい、体がだるい、フラフラして体に力が入らない・・・そのような症状に思い当たることはありませんか?もしかしたら心身のストレスによって自律神経が乱れ、全身症状があらわれているのかもしれません。体が疲れている、体力の問題であればゆっくり休めばすぐ回復しますが自律神経の乱れによるものであれば少し休んだ程度では症状はなかなか回復しなくなってしまいます。ストレスによってリラックスを司る副交感神経ではなく、交感神経ばかりが活発になってしまって常に緊張状態でいるというわけなのです。

めまい・立ちくらみ

なんだかフラフラしてしまいがち、でも環境の変化で疲れているだけ・・・と頑張ってしまう人は要注意です。めまいや立ちくらみが増えているなんてことはありませんか?これも自律神経失調症の代表的な症状です。特に女性の場合は、体調不良を感じたり倒れてしまっても貧血だと思いそのままにしてしまいがちなので注意しましょう。これも副交感神経のはたらきより交感神経のはたらきのほうが活発になりすぎるため起こるのです。循環系が活発にならず、新陳代謝が作用しません。結果、脳に酸素や栄養が行き渡らなくなり、倒れてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。