トップページへ 自律神経失調症の症状自律神経失調症の部位別症状(頭・目・耳・口・のど)

自律神経失調症の部位別症状(頭・目・耳・口・のど)

自律神経失調症になると、全身のそれぞれの部位にも個々の症状があらわれるようになります。体の部位ごとにその症状について見てみましょう。

自律神経失調症の代表的な疾患といえば頭痛です。頭が重くなったり、片頭痛が続いたりします。発熱やめまい、ほてりを併発することも多く体がだるくなるので風邪かと勘違いする人も少なくありません。さらに自律神経失調症で特徴的な頭の症状が筋緊張性頭痛です。頭が痛む、というより何かが覆いかぶさったように重くなり、耳や肩、腕、そして指先までがやがてしびれ始めます。麻痺をともなうので「重病なのではないか?」と不安になる人も多く、その心配からますますストレスが加速してしまいます。自律神経が原因であるとわかると安心し、改善する人も多いわけです。

薄毛の問題

自律神経失調症によって、交感神経のバランスが崩れて毛細血管が縮小することがあるようです。その様な場合は髪の毛に栄養を届ける毛細血管も影響を受けやすくなるため、薄毛の原因になりかねません。
対策としては育毛剤や育毛シャンプーを使用したりして、血行促進や栄養補給の強化を期待するのもいいと思います。

目・耳

頭に疾患があらわれることが多い自律神経失調症ですが、目と耳も影響があらわれやすいものです。血流の悪化から脳の機能が低下するためです。症状としてはめまい、耳鳴りが続き耳にものがつまっているようになったり、実際に難聴になったりします。これらの症状が複合であらわれるのがメニエール病という内耳の病気です。目の場合は、疲れ目になってしょぼしょぼするという症状から、痛くて開かなくなったり、ドライアイや涙目が続いたりと幅広い疾患が認められています。光がまぶしく感じるのも自律神経失調症です。瞳孔の調節ができなくなるのです。

口・のど

舌痛症や口腔乾燥症になってしまったり、口が乾いたり痛みを感じたり、または味覚がおかしくなったり・・・これらも自律神経のバランスの乱れによって起こる症状です。口だけではなく顎にも異常が起こります。自律神経失調症やうつ病になると顎関節症を併発することが少なくありません。これは顎関節のゆがみが噛むことで頭蓋骨に伝わり頭蓋骨自体がゆがんでしまうからです。まだ、過換気症候群や気管支ぜんそく のどのイガイガや異物感も自律神経失調症には多く見られます。ものを飲み込むのは自律神経が行うので、喉がつまりやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。