慢性じんましん

じんましんは、おもに急性と慢性に分類されます。4週間より期間が短かければ急性じんましん、それより長いものを慢性じんましんと呼んでいます。この区別は国により異なっています。

慢性じんましんとは

じんましんは、おもに急性と慢性に分類されます。4週間より期間が短かければ急性じんましん、それより長いものを慢性じんましんと呼んでいます。この区別は国により異なっています。じんましんは、皮膚のマスト細胞が活性化することで起こります。そのため、表皮の浮腫性が変化するのがじんましんです。皮膚には赤みや紅斑、浮腫があらわれ、神経が刺激されてつらい痒みを起こします。じんましんは基本的に皮膚の浅い部分の変化ですがもっと深部分に異常が起こることもあります。これは血管性浮腫と呼ばれています。このケースは口や唇のまわり、眼のまわりに多く起こりあまりかゆくありません。

原因

慢性じんましんは、さまざまな原因で引き起こされます。感染や心身の疲労、ストレスがその誘因になりやすいとされています。ただ、いわゆるアナフィラキシーショックになる危険性は高くありません。あせらず気長に治療します。ストレスが原因となる以上、ゆったりとリラックスすることは良いのです。特に原因の不明なじんましんを区別して、特発性じんましんと呼ぶことがあります。また、慢性じんましんを持つ人の中には、その血清の中に自己抗体を見つけられるケースもありえます。ただこの検査はまだあくまでも研究段階です。普通の医療機関では実施されていません。

治療

慢性急性に関係なく、じんましんの治療は原因の回避が基本です。直接の原因がわかっていればそれを避けるようにします。ただ慢性じんましんは基本的に原因の特定が難しいのです。そのため治療は、薬物療法を中心とします。特に効果があるとされるのは抗ヒスタミン薬や抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬です。特に抗ヒスタミン剤の効果が見られないなら他剤に変えたり、併用したり、または増量も可能です。特に抗ヒスタミン剤と、抗ロイコトリエン薬は併用することで有効になるケースがあります。ストレスでじんましんが悪化しやすいのでストレスを溜めないことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。