胆道ジスネキネジー

胆道ジスネキネジーは、食事のあとに腹部の右上が重く感じます。胆石症に似た症状があり、疼痛などが起こります。しかし胆道系には異常が認められません。

胆道ジスネキネジーとは

胆道ジスネキネジーは、食事のあとに腹部の右上が重く感じます。胆石症に似た症状があり、疼痛などが起こります。しかし胆道系には異常が認められません。この病態では胆石や炎症、がんなどは見受けられないのです。食後の腹部右上の痛みのほかにも右背部痛や吐き気、そして腹部膨満感が見られます。下痢になることもありえます。胆道造影検査や超音波による検査、CT検査をしても胆道系には異常が見つかりません。といっても肝機能そのものは正常でも、一過性の軽い肝障害が認められることはあります。胆汁排出に関係している自律神経やホルモン系統のトラブルが原因ではないかと考えられています。

胆道ジスネキネジーの原因

胆道ジスネキネジーの原因の詳細は不明とされています。飲食のあとの腹部右上の痛みのほかに、右背部の痛みや吐き気、そして腹部膨満感も多く見られます。下痢になることも少なくありません。胆嚢の収縮とファーター乳頭が開くことが食後胆汁を十二指腸に排出するために必要なのです。この胆道ジスネキネジーは、胆嚢が収縮したとしてもファーター乳頭が十分に開かなくなってしまいます。このため、胆道内圧が上がります。結果、さまざまな症状が起こると考えられています。胆汁排出を管理する自律神経やホルモンの文筆異常が胆道ジスネキネジーの原因だと指摘されているものの詳細はまだ不明なのです。

胆道ジスネキネジーの治療

糖尿病や妊娠や潰瘍、肝炎などに合併して二次的に引き起こされる場合も胆道ジスネキネジーにはありえます。原因は商才には不明なので日常生活を見直しつつ、食事療法を行なっていきます。また、精神療法や薬物療法もあわせて行なっていきます。緊張亢進型と運動亢進型の胆道ジスネキネジーでは、脂肪食を控えます。れで胆嚢の収縮を抑えられるのです。緊張低下型の胆道ジスネキネジーでは、逆に脂肪食を増やします。胆嚢の収縮運動を活性化するためです。心因の強いケースでは精神療法を行います。薬物療法は、幅広く適応します。薬で改善しない場合、胆嚢摘出手術もありえます。、ファーター乳頭の切開も少なくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。