過敏性大腸症候群

過敏性腸症候群とは主に大腸のはたらきや作用の異常が原因で起こってしまうび病気の総称です。Irritable Bowel Syndrome=IBSとも呼ばれます。

過敏性大腸症候群とは

過敏性腸症候群とは主に大腸のはたらきや作用の異常が原因で起こってしまうび病気の総称です。Irritable Bowel Syndrome=IBSとも呼ばれます。炎症や潰瘍などの異常がないのに、下腹部が張ったりガス過多になったり、下痢や、逆に便秘などのさまざまな症状が起こります。検査を行っても目に見える病変が見つかりません。「神経性下痢とは過敏性腸症候群である」と説明されることも多いのですが誤用です。過敏性腸症候群はストレスだけではなく乱れた日常生活からも起こる場合があります。あくまでも神経性下痢は過敏性腸症候群の症状の一つです。

過敏性大腸症候群の原因

腸を管理している自律神経にトラブルがあり、不安やストレス、緊張状態などが原因になって症状を引き起こすケースがあるのが過敏性大腸症候群です。患者が神経質で、自律神経が強くないことも多く、そういう人が暴飲暴食などの乱れた生活をしたり、アルコールを大量に呑み続けたり、または極度の過労が続いたりといった状態を長く続けると症状があらわれてしまうことが多いのです。身体の原因で下痢を起こしても、下痢のせいで恥をかくなどの体験から下痢自体大きなストレスをを持ちます。やがてトイレの少ないところやトイレに入りづらい環境に行くことで不安障害が起こってしまいます。そして下痢が引き起こされるのです。

過敏性大腸症候群の治療

原因を大きく分けると、ストレスか生活習慣が考えられます。よって、症状改善にはそれぞれの要因の解決が重要となってくるわけです。ストレスが原因であれば自律神経失調症の可能性があります。この場合は精神の不安を解消していきます。まずはストレスの原因を理解し、取り除いていくわけです。そのためには精神科にかかり、心理療法を受けることも大切です。また、身体のダメージが原因であれば消化器科に診てもらいましょう。医療機関での薬物治療も必要になります。他にもストレスを解消するため自律訓練法を学んだり、漢方薬で治療することもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。