神経性下痢

神経性下痢の症状は便通にあらわれます。そのタイプによって、神経性下痢は不安定型と慢性下痢型と分泌型とガス型の主に4つに分類されています

神経性下痢とは

神経性下痢の症状は便通にあらわれます。そのタイプによって、神経性下痢は不安定型と慢性下痢型と分泌型とガス型の主に4つに分類されています。排便すれば、一時的に症状がおさmるものの、しばらくすればまた下痢になってしまいます。神経性下痢は過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome=IBS)のひとつといわれています。ウイルスや細菌の侵入や、消化不良など下痢の直接的原因がないのに、下痢に繋がるのが神経性下痢です。精神面でのトラブルによって神経に異常が起こり、下痢になってしまうというわけなのです。

神経性下痢の原因

精神的な問題やストレスが神経性下痢の原因です。神経が乱れることで下痢が引き起こされてしまいます。一般的に、精神的な負担やストレスは下痢以外の他の不調の原因になることも少なくありません。そういったことから、もともと消化器が強くない人は、とくにストレス性の下痢や消化器の異常を引き起こしやすくなるわけです。神経性下痢に限らず、神経や精神による不調の問題は症状に不安を持つとさらに症状がストレスで悪化する悪循環なのです。日常生活や人間関係を原因に下痢を起こしてしまったのがきっかけでも、その後は下痢そのものへの心配や不安が精神磨耗の原因になっていきます。

神経性下痢の治療

下痢のストレスは大きいものです。すぐトイレに行けない状況でトイレに行きたくなったらどうしようという不安を感じると腸は余計に敏感になってしまいます。もし過敏な状態によってトイレに行きたくなっても、実際にトイレに行ったところで便の量はたいしたことはないというわけなのです。逆に、このような不安を抱かず自由にトイレに行ける環境に変わるとで神経性の症状が改善する、という例は少なくありません。環境を変えるのはかなりのメリットがありますが、しかし実際にはそういった変化ができるかどうかは容易ではありません。難しい人は、まずは生活習慣を変えましょう。食生活を見直し、運動を適度に行なうほかにも、腸にトラブルには乳酸菌サプリメントもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。