顎関節症

顎の関節部や咀嚼筋などの痛み、関節音、開口障害、そして顎運動異常を主要の症候としている慢性疾患群を総括した診断名が顎関節症(がくかんせつしょう)です。

顎関節症とは

顎の関節部や咀嚼筋などの痛み、関節音、開口障害、そして顎運動異常を主要の症候としている慢性疾患群を総括した診断名が顎関節症(がくかんせつしょう)です。その病態は幅広く、咀嚼筋の障害や関節包と靭帯の障害、関節円板障害、そして変形性関節症なども含まれています。一般には、顎の運動障害や関節痛や関節雑音が単独であらわれたり、複数合併することで発現します。これが顎関節症の主要3症状です。顎運動時に生じる疼痛が特徴です。 他にも、耳の痛みや耳閉感、難聴、など耳の異常、めまいや眼精疲労といった眼の症状も多く、頭痛や首、肩こりなどのさまざまな症状もあります。今のところ正確な治療法は確立されていません。

顎関節症の原因

顎関節症はハッキリとした原因がまだ判明していません。見解が医師や所属機関によって異なるためです。具体的な対処は、現状ないとされています。ただ、頬杖をつくくせなど考えられる原因はあります。また、柔らかいものばかり食べる生活習慣も原因とされています。顎関節症はいくつかの要因から発症するのではないかというのが主な考えです。口の開け閉じの運動に異常があると咬み合わせに異常が生じます。筋の緊張が起こるためです。あくびをするなど何気ないことが原因となりえるのが顎関節症です。心理的なストレスとの関わりも指摘されています。

顎関節症の治療

顎関節症の治療は原因の除去が目的です。顎の安静や咬合異常の整復が目的となっています潜行型の顎関節症の場合は薬物療法も行ないます。原因となる噛み合わせの調整にはスプリントや矯正が必要です。このようなスプリント療法はマウスピース等を利用します。噛み合わせを調整することで「前噛み」「奥噛み」による顎への負担を減らしていく効果があるのでメジャーな方法です。ただし、顆頭の位置をきっちり把握して入れなければ危険も大きいのです。関節腔内をきれいに洗い、内視鏡下で外科的手術を行なうケースもあります。診査には、患者の顎運動を阻害しないことが重要です。口腔外の機器で診査しなければなりません。センサーを口腔内外に設置すればコンピューターなどを利用し、記録することもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。