眩暈症(めまい)

目が回るようなくらくらとした感覚の総称がめまいです。めまいの症状は人それぞれ主観によって表現したい現象が異なり、かなり幅広い症状が表れます。

眩暈症とは

目が回るようなくらくらとした感覚の総称がめまいです。めまいの症状は人それぞれ主観によって表現したい現象が異なります。かなり幅広い症候を示しているというわけなのです。医学的にいえば視覚や平衡感覚と固有感覚の不統合からの感覚と言われています。いわゆる運動失調とは区別が必要です。めまいは眩暈、目眩や眩冒などとも書きます。眩は目がかすんで、視界が暗くなることを示しています。暈はぐるぐると視界が回ったり、物が揺れ動いて見えてしまうことです。つまり目眩は、目がかすんで頭がくらくらすることになり、眩冒は頭がくらくらして視界が暗くなることです。

眩暈症の原因

回転性めまい、浮動性めまい、立ちくらみ、平衡障害、と症状によって4つに分類できるのがめまいです。症状によって原因は異なります。日本人に多いめまいは神経性めまいで、さらに中枢性めまいか末梢性めまいかを調べて逝きます。つまり、耳か脳に異常があって起こるのがほとんどのめまいというわけなのです。大抵は血流不全が多いのですが、脳が病気になっていたり重い病気になっていることもありえるので注意しましょう。耳に異常がある場合は突発性の難聴をともなうことがあります。この場合、騒音難聴などを原因とすることも多いのです。

眩暈症の治療

何度もめまいを起こしたり倒れてしまったりしても、強い痛みや苦しみを伴わない限り疲れや年齢のせいで片付けてしまいがちです。しかし実際は脳卒中など恐ろしい病状が信仰している可能性もあるので気をつけましょう。医師に相談し、検査することが確実です。重大な病気が見つからないようであれば気長にめまいの様子を見て行きましょう。抗めまい薬や循環改善薬など投薬治療も可能です。脳や内耳の血流を増やし、十分な血液がを行き届かせることによって、めまいの症状を改善します。神経の炎症には、ステロイド剤やビタミン剤が使われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。