起立性調整障害

人は立すると、重力によって血液が下半身に貯留し、その結果、血圧が低下します。起立性調整障害になると血管収縮によって血圧を維持できなくなります。心臓の拍動も増えず心拍出量があがらないので血圧が下がります。

起立性調整障害とは

人は立ちあがると、重力によって血液が下半身に流れてしまいます。結果、血圧が低下し、倒れてしまうのです。。健康であれば、自律神経系のはたらきで交感神経が興奮し、血管収縮によって血圧を維持するのです。また、心臓の拍動も増えて心拍出量を上げるので、血圧を維持します。起立性調節障害はこのはたらきが機能しません。そのため血圧は一気に低下し、脳への血流や血行が失われるのです。立ちくらみやめまいが起こったり、すぐに疲れ、疲労回復が遅れてしまいます。また、血液の供給が悪いので、思考力が低下したり、集中力がなくなります。

起立性調整障害の原因

小児に頻度の高い疾患が起立性調整障害です。特に10 〜16歳こ患者が多く、有病率は小学生だと約5パーセント、中学生なら約10パーセントとされています。男女比は男:女=1:1.5 〜2です。起立性調節障害の原因は、午前中に交感神経が活性化しないことにあります。朝になれば活動を始めるはずの自律神経のはたらきが5から6時間以上も後ろにずれ込んでしまうわけなのです。夕方になるにつれ元気に也、夜になると逆に目が冴えて寝られなくなるのは生活リズムが乱れているというより起立性調整障害によって自律神経がずれてしまっているのです。

起立性調整障害の治療

起立性調節障害は身体疾患です。そのため、まずは身体面での治療を進めていきます。治療には、非薬物療法と薬物療法がありますが、どちらにせよすぐには結果はあらわれないので焦らないことが重要です。規則正しい生活を心がけ、体を圧迫するようなゴムの効いた衣服の着用をやめます。薬を使うのであれば、昇圧剤のミドドリンなどがメジャーです。また、精神的なストレスで悪化することも多く、心のケアが有効な場合も少なくありません。また、一般的な傾向として、季節が暖かくなると患者が増え、涼しくなると自然に回復することも多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。