緊張性頭痛

緊張性頭痛という言葉はご存知ですか?実は一般的に頭痛と言われる症状のほとんどがこの緊張性頭痛なのです。自律神経失調症とも関係があります。

緊張性頭痛とは

頭が痛いことを漠然と頭痛と呼ぶのが一般的になっています。実はこの頭痛のほとんどがこの緊張性頭痛であるということを知っている人はあまり多くありません。緊張性頭痛は頭痛の中の最も一般的なものといえるでしょう。緊張性頭痛の痛みは頭のみにとどまりません。首や後頭部、眼、そして体というようにその他の筋肉に広がるのです。緊張性頭痛はなんと頭痛のタイプのだいたい90パーセントを占めています。また、人口の3パーセントは慢性的に緊張性頭痛を持つと考えられています。ジワジワとした鈍痛が緊張性頭痛の特徴で拍動性はありません。

緊張性頭痛の原因

頭だけに痛みがとどまらず、体にまで痛みやこり、重さが広がるのが緊張性頭痛の特徴です。緊張性頭痛を慢性的に持つ人は意外と多く、さらに肩こりなどを伴うケースも少なくありません。まさに名前のとおり、緊張性のものであり、頭や体の強い強張りを感じる症状なのです。さまざまな症状を複合で起こすので原因の特定は用意ではありませんが、代表的なのはストレスです。特に長時間にわたってストレスにさらされると緊張性頭痛があらわれだします。生活リズムの乱れによる、不規則な食生活や長い空腹、睡眠不足も原因となってしまいます。

緊張性頭痛の治療

前述した緊張性頭痛の原因からもわかるように、この病気は自律神経失調症と深い関わりがあります。ストレス状態が長く続くことで自律神経が乱れ、血流障害が起こることで各部位にトラブルをきたしてしまうわけです。自律神経失調症が回復すれば緊張性頭痛も改善していきますが、緊張性頭痛の症状を緩和させる薬もありますので日常生活に支障があったりストレスを感じる場合は医師に相談しましょう。血行促進のため、鍼やカイロプラクティスが有用な場合もあります。これらの方法は、心身のリラックス効果も期待できるのでおすすめなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。