トップページへ 日常生活での工夫自律神経失調症の人が食事で気を付けたいこと

自律神経失調症の人が食事で気を付けたいこと

自律神経失調症は、栄養不足が原因の一つという説があります。タンパク質や脂質、ミネラルといった栄養やビタミンなどの栄養が不足しているのではないかという指摘があります。

自律神経失調症と食事

自律神経失調症は、ストレスなどから自律神経に異常をきたし、さまざまな症状を起こすことの総称なのです。主な症状は、だるさや不眠、疲労などの不定愁訴です。頭痛を起こしたり動悸や息切れをおこすこともあります。めまいや立ちくらみで倒れてしまったり、下痢や便秘に悩む人もいます。冷えやほてりも少なくありません。また精神の症状には、情緒の不安定やイライラ、うつが代表的です。この自律神経失調症ですが、栄養不足が原因の一つという説があります。タンパク質や脂質、ミネラルといった栄養やビタミンなどの栄養が不足しているのではないかという指摘があります。

自律神経失調症の人に多い食事

白米やパン、パスタといった炭水化物は外食やコンビニ弁当が多いと過多になりがちです。こういった炭水化物やスナック菓子、ジュース類といったものを減らして行きます。そのかわり、玄米や野菜をたくさん食べます。豆腐などもおすすめです。栄養素のバランスを考えてみます。自律神経失調症の治療には、ストレス耐性を高めることが重要です。栄養素の摂取から対策できることもあります。自律神経失調症を予防したり改善するには食事や栄養療法を行なうこともメリットがあります。栄養が偏っている食生活は自律神経を乱します。食生活の見直しから必要な栄養を補いましょう。

おすすめの食事

まずは生野菜やフルーツを食べましょう。体内のバランスを整えてくれます。これは酵素が豊富だからです。わかめやもずくといた海藻もおすすめです。野菜や海藻類を毎日の食事に取り入れましょう。酵素や海草に含まれるフコイダンの摂取は自律神経失調症以外にもメリットがあります。また、ローヤルゼリーや高麗人参といった健康食品も栄養が豊富です。ただ、これらは日常生活でなかなか手軽に入手できないでしょう。そこで健康食品を活用しましょう。現物の入手が容易でない食品や、熱に弱いため不足してしまいがちな酵素も、毎日効率的に摂れるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。