適応障害とは?

精神疾患の一種が、適応障害です。適応障害はストレス障害に分類されています。日常生活の著しい障害がストレス因子により、によって引き起こされます。

適応障害とは

精神疾患の一種が、適応障害です。適応障害はストレス障害に分類されています。日常生活の著しい障害がストレス因子により、によって引き起こされます。その結果、普通の生活ができなくなるというストレス性の障害というわけなのです。急性ストレス障害やPTSDと同じく、外的なストレスによって適応障害は起こります。PTSDのように大きな危機を体験しなくても患者はストレスに苦しんでいます。人間関係や家庭のトラブル、職場のパワハラもストレスの原因になります。このストレスが患者の処理能力を超えると機能不全を起こします。

原因

適応障害の原因は、はっきりとした大きいストレスだといわれています。このストレスが継続して何度もかかるとストレスによって適応障害の発症が始まります。ストレスを受け始めてから、おおよそ3か月が適応障害の発症の基準だと考えられています。やがて情緒や行動に異常があらわれます。ストレス因子との接触による苦痛によってやがて生活や、職業そして学業などに障害を起こします。そのため、症状の治療と原因の改善が必要となるわけなのです。適応障害は診断が容易ではありません。医師や国によって定められた基準も異なってきます。

治療

適応障害に抑うつ感や不安感が目立つのであれば抗うつ薬や抗不安薬も必要ですが基本は精神療法です。ストレスに対する脆弱性の改善が効果的なのです。ただし、適応障害は原因となるストレスの除去が行なわれないと根本的な解決は難しいのです。ストレスが軽減されなければ結局再発することもあります。現在の環境の変化が病状の改善には一番効果があります。 もし適応障害と診断されたらストレスを与える状況そのものを変えなければいけません。諸所の症状への対応や薬品の投与はあくまでも補助的な治療でしかないとして理解しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。