PTSDとは?

過去に恐怖を感じた経験は誰にもあるものですPTSDは、その恐怖の記憶が傷となり、何度も思い出してしまいます。過去の恐怖を感じ続けるのがPTSDという病気なのです。命の危機を感じるような強い恐怖を経験をした患者に起きやすいのがPTSDです。

PTSDとは

過去に恐怖を感じた経験は誰にもあるものですPTSDは、その恐怖の記憶が傷となり、何度も思い出してしまいます。過去の恐怖を感じ続けるのがPTSDという病気なのです。命の危機を感じるような強い恐怖を経験をした患者に起きやすいのがPTSDです。恐怖の記憶がトラウマとして残ってしまいます。やがてさまざまな症状が起こります。日常生活の中で突然、記憶が蘇ってしまうのです。ふとした時に、つらい感情は呼び覚まされます。恐怖や苦痛などいろいろに混じります。怒りや哀しみだけではなく、大きな無力感も同様です。PTSDは周囲の理解が得がたく、患者と双方が苦しみます。突然取り乱してしまうからです。

原因

つらい事件や事故を生々しく思い出したり同じ悪夢を見ることもPTSDは多いものです。患者はつねに緊張す、イライラします。PTSDの患者は驚きやすく警戒心が強いのです。不眠から磨耗し、過敏になります。やがて感情や感覚が麻痺してしまうのは、つらい感情を封じるためです。親しい人への愛情や優しい心を感じられず、信用することが出来なくなります。PTSDは、つらい心から自分を守ろうとする反応が原因なのです。精神の回復と、症状軽減をあわせて考えます。あくまでも原因は自然な反応なので、無理に立ち直らせようとしたり焦ったりすると逆効果です。

治療

心理や精神のアプローチでこころを回復させることが治療です。回復を補助し、症状軽減がPTSD治療には必要なのです。特にPTSDの治療で注目されているのは持続エクスポージャー療法です。これはトラウマをあえて想起し、避けていた思い出をあえて回想します。この治療法で、危険の記憶を思い出しても現在の状況では危険がないことを学びます。恐怖のないことを具体的に感じるのです。この治療のポイントは、専門家の立ち会いが必然といえるでしょう。今は安全だと患者自身が理解しなければ無意味です。素人が良かれと思って記憶を思い出させようとすることは治療につながりません。知識と十分な経験が必要といえるでしょう。失敗すれば余計に不安になって症状が悪化する可能性もあるわけなのです。。そのほかにも、認知療法や眼球運動脱感作療法そして、患者同士が話し合うグループ療法などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。