全般性不安障害とは?

全般性不安障害の特徴は状況や理由の定まらない不安です。このような状態が長期間続きます。やがて日常生活に支障をきたすのです。普通、誰もが感じるような不安はなんらかの理由があります。また、不安はその間だけ続きます。

全般性不安障害とは

全般性不安障害の特徴は状況や理由の定まらない不安です。このような状態が長期間続きます。やがて日常生活に支障をきたすのです。普通、誰もが感じるような不安はなんらかの理由があります。また、不安はその間だけ続きます。全般性不安障害はまれな病気でありません。実は患者数でいえばパニック障害の3〜4倍とされているのです。1000人いたらその中の64人は全般性不安障害です。全般性不安障害は不安障害のなかでも一般的とされています。発症する時期は10代半ばが多いのですが、精神科を受診するのは時を経てからが少なくありません。

原因

全般性不安障害のはっきりとした原因はわかっていません。ただ、発症の時期などにある程度パターンがあることから遺伝的な要因が指摘されます。また、患者本人の神経質な性格や、ストレスの状態も考慮されています。自律神経のトラブルなども全般性不安障害発症の影響とされています。アルコールやベンゾジアゼピンに対する依存が認められた場合、 これらの要素が原因になっている膠原病とが少なくありません。ベンゾジアゼピンやアルコールを断たせることで心身の健康を取り戻すことは可能です。ただ、一度は悪化してしまうことはなかなか避けられません。

治療

全般性不安障害の治療は薬物治療か精神療法が推奨されます。ただし抗不安剤のベンゾジアゼピンなどは長期間の服用で精神的な依存という副作用が見られます。また、眠気も強まってしまい、日常生活に支障をきたします。具体的な治療としては、抗不安薬や抗うつ薬で、不安を自分で管理できるようになるまで軽減させるのが有効です。落ち着いた状況で精神療法を行なうことで自分で不安をコントロールさせていきます。精神療法ではいわゆる認知行動療法を続けていきます。デンマークでも、全般性不安障害やパニック障害、不安障害には抗うつ薬を使います。ただ 依存性が強いベンゾジアゼピンの処方は厳しい条件で限定されます。そのため処方期間は4週間が限界です。長期間の投与は禁止しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。