恐怖不安障害とは?

恐怖不安障害は、強い不安や緊張によって身体症状があらわれます。赤面や発汗だけではなく動悸、震えや吐き気などが始まります。場になかなか慣れず、対人関係が築けなくなります。

恐怖不安障害とは

誰しも不安を感じてしまう場面はありますよね。人から注目されるような場面がそれです。そこで強く緊張してしまうことをあがり症と呼んだりします。また、普通よりあがりやすい人をシャイと言ったりします。しかし大抵は日常生活に影響はありません。それに場に慣れてくればあがりにくくもなります。身体的な症状も深刻ではありません。恐怖不安障害は、強い不安や緊張によって身体症状があらわれます。赤面や発汗だけではなく動悸、震えや吐き気などが始まります。場になかなか慣れず、対人関係が築けなくなります。どんどん集団から孤立します。対人を避ける、日常生活に影響があらわれます。

原因

カフェインを摂取すると、不安障害の原因となるとされています。不安患者は一般的に高いカフェインへの感度を示すのです。多くの研究でカフェインと不安の作用やパニック障害との間に関係があると唱えています。また、有機溶剤が不安障害に結びつくデータもあります。具体的には塗装などの敷設です。また、重い不安は、アルコールの乱用に誘発されるといわれています。長期に断酒すると不安の症状は弱まるともいわれています。適度な医療用アルコールでさえ不安の症状を増すことがあるとまで考えられています。このようにカフェインやアルコール、そしてベンゾジアゼピンなどへの依存が、不安の症状やパニックの原因となることがあります。

治療

恐怖不安障害は精神科など、専門の医療機関で治療する必要があります。ただの内気な性格の問題ではないからです。恐怖不安障害はれっきとした精神疾患なのです。精神科で薬物療法や精神療法を行っていきます。薬物療法ではSSRIが主流です。精神療法では認知行動療法をメインに行ないます。この認知行動療法はSSRIと同じ効果があるとされています。この認知行動療法は、パニック障害に効き目があります。また、社交不安障害などの複数の不安障害に有効性を示します。医薬品では、SSRIが一般的な一次薬です。また、カフェインを経つことは手軽で効果が表れやすいとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。