自律神経失調症と神経症の違い

神経症(しんけいしょう)は、精神医学用語です。定義としては、統合失調症や躁うつ病と比較すると神経症は軽症です。また、神経症お病因は器質的なものではないとされています。

神経症とは

神経症(しんけいしょう)は、精神医学用語です。定義としては、統合失調症や躁うつ病と比較すると神経症は軽症です。また、神経症お病因は器質的なものではないとされています。この精神疾患は具体的には軽度のパニック障害や、強迫性障害などのことです。ただ、臨床的診断で神経症が使われることは減っています。精神医学界などではすでに表立って使用されることはありません。そもそも神経症という名前は、非器質性の軽度精神疾患に全般的に使用される言葉でした。その広義すぎる使用法や曖昧さが問題とされたのです。そのため、徐々に使われることはなくなりました。

原因

ある程度の遺伝的要因があるとされるのが 神経症の発症です。しかし、それよりもっと重要とされるのは性格からの要因だとされています。これは、いわゆる森田療法を提唱した森田正馬によって唱えられました。具体的には内向的な性格が挙げられます。自己内省的です。次に小心的、神経が敏感で心配性なことです。くよくよしやすい人です。最後に完ぺき主義であることです。理想が強く負けず嫌いという特徴が顕著だとされています。このような人は極端な弱気と強気をあわせ持っています。そのため心の葛藤が強いタイプなのです。 不安に陥りやすい性格をしています。怒りっぽくイライラしやすいわけです。そして抑うつ的な要素も多く経験しています。恥やひやかしに敏感なので劣等感をもちやすいのです。。

治療

現代の神経症の治療には薬物療法と精神療法が有効とされています。特に最近は薬物療法がよく用いられています各々の症状によって使い分け、併用することが必要です。治療を受ける側も治療法理解しなければいけません。 また、神経症の患者は、薬に不安を持つことが多く、副作用や依存性を恐れる傾向があります。自分で薬物への依存心がコントロールできなくなる不安が多いのです。処方された薬で不安を改善しても薬をやめるとき再び無力感が起こってしまいます。あくまでも日常生活を立て直すための補助として薬を使います。本来の心の回復力を取り戻します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。