トップページへ 自律神経失調症の原因自律神経失調症になりやすい性格

自律神経失調症になりやすい性格

自律神経失調症になりやすい人は完ぺき主義者が強く、何事も頑張りすぎる傾向があります。人に期待されると無理をしすぎてしまいます。このような人は要注意です。

自律神経失調症と性格

自律神経の交感神経と副交感神経のはたらきのバランスは何らかの理由で崩れてしまうものです。その結果自律神経失調症が引き起こされます。何が原因となるのでしょうか。さまざまな理由が考えられます。主に生まれもった体質、形成された性格、日常生活のおけるライフスタイル、そして最後に本人が受けるストレスの4つです。これらが自律神経失調症原因になりえます。この4つのうち、複数の要素があわさると自律神経失調症を発症しやすくなります。つまり性格的に自律神経失調症になる人がいるわけなのです。いったいどのような性格が、自律神経失調症になりやすい性格なのでしょうか。

自律神経失調症の人に多い性格

自律神経失調症になりやすい人は完ぺき主義者が強く、何事も頑張りすぎる傾向があります。人に期待されると無理をしすぎてしまいます。このような人は要注意です。頼みごとをされたさい、負担をひとりで背負い込むような人も同じリスクがあります。このような人に共通するのが自分の感情を表に出さないことです。つい我慢してしまうことが多く気分転換ができません。結果、ストレスを溜めてしまうのです。 もしくは悲観主義者でクヨクヨしやすい人も自律神経失調症には多いものです。神経質で、些細なことを気にしてしまいます。一つのことに執着する傾向もあります。

対策

完ぺき主義者の多い自律神経失調症になりやすい人は、周囲に合わせ過ぎてしまう傾向があります。あまり自分の気持ちを表に出しません。そのような人は大抵責任感が強いものです。非常にマジメで几帳面な傾向もよく見られます。こういう人がちょっとした体調の不良を起こすと、普通よりも気にしすぎてしまうきらいがあります。すると、その不安からますますストレスを受けて自分の具合を悪化させてしまうわけなのです。そこで、自分の性格や、ストレスを感じやすい状況を自己分析すると対策になります。自分で自分の性格を管理できるようにするのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。