トップページへ 自律神経失調症の原因自律神経失調症になりやすい体質の人

自律神経失調症になりやすい体質の人

自律神経失調症には遺伝はないとされています。しかし自律神経の能力が低い体質は子どもが受け継ぐこともありえます。生まれつき自律神経の調整する機能が低いと、ふとしたことが原因で自律神経失調症になります。

自律神経失調症と体質

同じようなストレスを受ける環境や、似た生活習慣でも日常生活において自律神経失調症になる人と自律神経失調症にならない人というものはあります。自律神経失調症はストレスや生活習慣のダメージが蓄積されて引き起こされるものです。このような個人差は生まれつきの体質や性格、思考が大きく影響しているため起こるというわけなのです。自律神経失調症には遺伝はないとされています。しかし自律神経の能力が低い体質は子どもが受け継ぐこともありえます。生まれつき自律神経の調整する機能が低いと、ふとしたことが原因で自律神経失調症になります。

自律神経失調症の人に多い体質

自律神経失調症の患者の中には、生まれつきの体質が原因であることもあります。体質の関係で、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えが行えない人はいます。この不安定さが原因で自律神経のバランスが崩れやすい体質は存在します。そのような人は小さな頃から慢性的に体調が優れません。つねに具合が悪い自律神経失調症の症状を抱えています。体質による本態性型自律神経失調症の患者は、自律神経が敏感である傾向が高いのです。ほんの些細なことでも反応してしまいます。このような刺激を自律神経はストレスと受け取るわけなのです。

対策

本人の体質を原因とする自律神経失調症が本態性型自律神経失調症です。ただ、本態性型自律神経失調症は遺伝が原因ではないというわけなのです。先天的な繊細さは、本人の体質です。自律神経機能が安定せず、交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなるのです。本態性型自律神経失調症の患者は少なく、定義も難しいとされています。かといって、先天的、生まれつきの体質といっても諦める必要はありません。日常生活を改善し、見直していくことで患者の体力はだんだん向上していきます。そのようなアプローチから症状を緩和することもできます。医師を相談しながらライフスタイルから体質を変えていけるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。