トップページへ 自律神経失調症の原因ストレスが大きな要因

ストレスが大きな要因

ストレス学説、ストレス理論はハンス・セリエによって提唱されました。ストレスを非特異の生体の反応を系統的な一連の反応として扱うのです。ストレスという状態は主に内分泌系の脳下垂体、そして副腎皮質系が中心となるといわれています。

ストレスとは

ストレス学説、ストレス理論はハンス・セリエによって提唱されました。ストレスを非特異の生体の反応を系統的な一連の反応として扱うのです。ストレスという状態は主に内分泌系の脳下垂体、そして副腎皮質系が中心となるといわれています。精神だけでなく肉体にも影響があり、心臓や血管、腎臓、そして関節などにおこる疾患の原因もストレスの反応に関係が深いと考えられています。このストレス反応とはホメオスタシスという恒常性のために一定に保たれています。生体のバランスが崩れた状態がストレス状態です。ここから改善されるときに生まれる反応のことなのです。

原因

ストレッサーとはストレスの原因のことでし。ストレッサーは外からの刺激の種類によっていくつかの分類できます。寒冷や騒音、放射線などに関わる物理的ストレッサー、酸素や薬物など関わる化学的ストレッサー、そして炎症や感染に関わる生物的ストレッサー、最後に怒りや不安などの感情から生じる心理的ストレッサーの4つです。ストレッサーがはたらくと生体はこの種類によって特異な反応を起こしますが、この種類とは関係ない非特異な生体の反応、いわゆるストレス反応を起こすのです。特に心理的なストレスを長い期間にわたって受けると海馬の神経細胞まで壊されてしまいます。

対策

生体がステレスを受けたとき、ストレッサーに対処するため意識的に行われるのがストレス対処です。またの名はストレスコーピングやストレス・マネジメントといいます。これらは無意識下で、本人の行動や思考によって自動的に行ないます。あくまで環境との相互の過程の対処の方法と考えられています。ストレッサー解決のために情報を集めて考える問題焦点型対処と、ストレッサーによる反応に注目し、攻撃的な感情や問題を解決していく情動焦点型対処があります。また、このようなストレス対処はあくまでパーソナリティであると考える説もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。