トップページへ 自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気膠原病(倦怠感・関節痛・発熱など)

膠原病(倦怠感・関節痛・発熱など)

膠原病はひとつの病気のことではありません。複数の臓器が炎症になって、多くの機能障害を起こす疾患群のことです。 1942年、クレンペラーによって命名されています。

膠原病とは

膠原病はひとつの病気のことではありません。複数の臓器が炎症になって、多くの機能障害を起こす疾患群のことです。 1942年、クレンペラーによって命名されています。自己免疫による疾患とリウマチ性による疾患、結合組織の疾患の、3つが重なった病変が膠原病なのです。膠原病になると発熱や皮疹などが起こります。けだるくなったり、関節痛や関節炎、筋肉痛などをともなうことも多いのです。また、悪化すると内臓の病変やレイノー現象が見られるようになります。患者は女性が多く、症状は慢性化しやすいのが特徴です。悪化する時期と改善する時期を繰り返しつつ、膠原病の症状は進行していきます。ほとんどは自己免疫疾患に原因があると考えられています。

原因

膠原病は発見されてからかなり長い病気なのですが、完全な原因は、まだわかっていません。定義が難しく、同じ膠原病という病名でも症状や経過に差異がかなりあります。膠原病は感染はしませんが、膠原病以外の感染症が原因で膠原病の症状が悪化する可能性はおおいにあります。発熱や関節、筋肉の痛み、体のこわばりなどが炎症から起こる感染症がその原因となりやすいと考えられています。その結果結合組織に異常が起こってしまい、免疫の病変が悪化してしまうわけです。膠原病は遺伝性がほぼないとされています。悪性腫瘍でもありません。

治療

現在までに膠原病の治療法は残念ながら見つかっていません。最新の医療技術でも完治はほぼできないわけです。抗生物質でも治療はできません。ただ、ステロイドや免疫抑制剤を使うことで炎症はある程度改善できます。薬物療法によって、暮らしに支障のでないくらいに病変を管理する方法が可能となりつつあります。また、最近注目されているのが漢方薬です。ステロイドを多用してもコントロールできない症状も有効なのです。もし悪化して関節の変形などが起これば整形外科のため手術することもあります。このように、生活の質を下げずに膠原病と付き合うことは可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。