トップページへ 自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気胃がん(胸焼け・胃もたれ・胃の不快感など)

胃がん(胸焼け・胃もたれ・胃の不快感など)

がんの早期発見は難しいものですが、特に胃がんの自覚症状からの早期発見は難しいとされています。早期癌の厄介なところは無症状なところです。癌はある程度進行ないと自覚症状があらわれないのです。

胃がんとは

がんの早期発見は難しいものですが、特に胃がんの自覚症状からの早期発見は難しいとされています。早期癌の厄介なところは無症状なところです。癌はある程度進行ないと自覚症状があらわれないのです。胃がんは自覚症状として腹痛や吐き気、嘔吐があります。食欲が失せたり胸焼けを感じることも増えます。上腹部の不快な感じや食後の膨満感も代表的です。理学的症状としては、第一に急な体重減少があげられます。急にやつれてしまうわけなのです。腹水の貯留や黒色便など排泄にも異常が見られます。栄養失調により貧血を起こすこともあります。胃がんの進行状況は、がんの中でも比較的初期段階から始まりますが目立ちません。中期、中期後半と進行すると徐々に症状が目立ち始めます。

原因

胃がんの特徴として、中国、日本、韓国といったアジアや南米に患者が多いことがあります。アメリカ合衆国などその他の諸国ではあまり見られません。厚生労働省の人口動態統計によると2003年、日本における胃がんの死者数は49,535人です。男は32,142人、女は17,393人で、どちらも死因としては第2位と報告されています。かつては男女とも胃がんは死因第1位であったため、死者数はだんだん減少していることがわかります。現代日本のような社会はまさにストレス社会であり、過多のストレスは胃にダメージを与える要因のひとつとも言えるでしょう。胃はかなりデリケートで、精神の影響を受けやすい部位です。また、ストレスを受けやすいと胃がんになりやすいという報告もあります。

治療

治療の方針は癌の病期にあわせて変える必要があります。特に手術や放射線治療、化学療法の三つの中でも感染症が原因となる胃がんには、全摘可能の例外的臓器で、なおかつ開腹手術でも確認可能なため手術が向いています。初期であれば内視鏡治療もできます。リンパ節に転移の無い早期の胃がんとであれば、回復せずに内視鏡を挿入して外科的に治療する手段が広まっています。予後も良好で、体力や年齢に左右されません。手術治療をする場合、根治術として外科的手術は歴史があります。リンパ節に転移が見られた場合は外科的に手術します。胃切除術とリンパ節の郭清が根治に必要です。胃切除術でがんが取り除けないほど癌が進行しているようであれば、術前診断において大網膜や脾臓、胆嚢といった周辺のその他の臓器を含める合併切除を行います。拡大手術の範囲は信仰するほど大きくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。