トップページへ 自律神経失調症ってどんな病気?子供の自律神経失調症の特徴

子供の自律神経失調症の特徴

大人がかかるイメージの強い自律神経失調症ですが、実は自律神経失調症は自律神経の調節機能が未発達である子どももかかる病気です。乳幼児から発症の可能性があります。

子供の自律神経失調症とは

自律神経失調症というと大人がかかるイメージの強いものです。しかし、自律神経失調症は子どももかかる病気なのです。これは子どもは自律神経の調節機能がまだ未発達であるためで、つまり乳幼児から発症する可能性があるというわけなのです。小さいうちは熱がよく出たり、乗り物酔いしやすかttりするのと同じことです。長く続くと不登校になってしまうことも決して珍しくありません。立ちくらみや貧血、便秘や下痢、冷え性のほかにも肩こりや不眠、偏頭痛、疲れやすさなど症状は大人が訴えるそれとほぼ変わりません。このような症状の原因は自律神経の調節機能の弱さによるものが考えられます。

子供の自律神経失調症の原因

近年、自律神経の乱れから体調不良を感じる子供は増えているといいます。それはいったい何故なのでしょうか。原因を調べてみましょう。まず考えられるのが、夜更かしなどの、生活リズムの乱れによる影響です。生活リズムが乱れると心身ともにストレスを感じてしまいます。その結果、ストレスが体の許容範囲を超えて自律神経失調症を発祥するというわけです。自律神経失調症の中でも起立性調節障害に多いのが脳への血流が少ないという原因です。自律神経が乱れ、血管の収縮がうまくできずに脳が貧血を起こしてしまいうというケースが多いのです。

子供の自律神経失調症の治療

子どもが自律神経失調症になりやすいのは前述したように自律神経がまだ未発達であるためです。つまり、成長するに従って自然と回復、改善していくことは確かに考えられます。しかしこのとき子どもが感じている不調や不快感は本物ですから、苦痛を訴えるようなら医療機関に相談することが必要です。不登校になってしまう可能性もあるのです。く改善させるためには、まずは生活リズムの改善が必要です。規則正しい生活を心がけ、夜更かしをやめましょう。睡眠と栄養をたくさん取ることが大切というように考えられるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。