自律神経ってなに?

交感神経系と副交感神経系という、2つの神経系で構成されているのが自律神経です。不随意な機能を制御し、内分泌系と協調しつつ人体の生理的なパラメータを調節しています。

自律神経とは

自律神経は脊椎動物だけが持っていて、体の主の意志とはまったく無関係に作用する神経の一つです。不随意器官の機能を促進したり、または抑制することで調節しています。具体的には消化器、血管系、内分泌腺、そして生殖器などのことです。交感神経と副交感神経の2つから構成され、意思によって制御される動物性神経(脳脊髄(のうせきずい)神経)に対して植物性神経とも言われます。体を活発に活動させ、興奮させるのが交感神経で、体がゆったりとしているリラックスしている時に強く働くのが副交感神経です。交感神経が活発だと力は出ますが体は緊張状態になります。

交感神経とは

交感神経系は、自律神経系の一つです。Sympathetic nervous system=SNSというのが英名ですがFight and Flightと呼ぶこともあります。つまり闘争と逃走の神経であり、激しい活動で活性化するのが交感神経というわけなのです。「交換神経」という表記は誤字です。神経節までの線維である節前線維と、交代した神経節から先の線維である節後線維という2つの神経線維の連絡から成り立つのが交感神経です。伝達物質はアドレナリン、ノルアドレナリンで、活性化によって血管を収縮させ緊張します。

副交感神経とは

自律神経系は構成する神経系が副交感神経系によってなりたちます。副交感神経は遠心性です。臓器の近くや、もしくは臓器の内側には神経節があります。この位置を基準に、節前線維と節後線維にだいたい分類できるのが特徴です。どちらの末端もアセチルコリンという神経伝達物質を出します。そのためコリン作用性神経とも言われます。副交感神経はリラックス効果によって骨や血管を収縮させるはたらきがあります。その一方で、多くの血管を拡張させたりもします。睡眠時は副交感神経が優位になります。心身のリラックスや休息に重要なのが副交感神経です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群・パニック障害など…自律神経失調症に関係する病気
ガン、糖尿病、腫瘍など自律神経失調症の症状と紛らわしい体の病気
うつ病、心身症との違いは?自律神経失調症の症状と紛らわしい心の病気

検査や治療について

PICK UP!
Copyright (C) 自律神経失調症ガイド All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。